研究のタイプ: レビュー (医学/生物学の研究)

[携帯電話からの弱い無線周波放射へのイン・ビトロばく露のメタ分析(1990-2015)] review

A meta-analysis of in vitro exposures to weak radiofrequency radiation exposure from mobile phones (1990-2015).

掲載誌: Environ Res 2020; 184: 109227

この研究は、無線周波RF放射生物へのインパクトを評価するため、イン・ビトロ研究のメタ分析を実施した。細胞ベースのイン・ビトロモデルにおける1127件の実験的観察を記述した1990-2015年に発表された査読付き論文300報からデータを要約した。最初の分析では、746件のヒト細胞実験のうち、45.3%が細胞の変化を示し、残りの54.7%は変化を示さなかった(p = 0.001)。成熟度、増殖率およびアポトーシスには細胞の種類による明確な差異があること、ならびに、RF信号は偏波、情報の内容、周波数、比吸収率SAR)、電力で特徴付けられることから、分析を洗練させ、これらの特徴に関連した陰性および陽性の知見に明確な特性があるかどうかを調べた。更に、著者らによれば先行研究では十分に考慮されてこなかったRFばく露による累積エネルギー吸収量を得るため、累積ばく露SAR×ばく露時間)を考慮してデータを分析した。信号の周波数、ばく露の長さおよび種類、ならびに、各種の細胞の成熟度、成長率、アポトーシスおよびその他の特性を考慮したところ、急速に成長中のさぼど分化していない種類の細胞の小集団、例えばヒト精子(19報の実験に基づくp = 0.002)やヒト上皮細胞(89報の実験に基づくp < 0.001)に限定的に、RF電磁界の潜在的な非熱作用が同定された。対照的に、成熟した、分化が進んだ成人のグリア細胞(p = 0.001)および膠芽腫細胞(p < 0.0001)、ならびにヒト血液リンパ球(p < 0.0001)では、統計的に有意な差異は認められなかった。この研究は、細胞応答が信号特性によって異なるという、REFLEXプロジェクト、Belyaev他の研究からの観察を確認するものである、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露