研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[発電所における電磁界ばく露:従業員の労働安全認識の定性的評価] risk

Electromagnetic field exposure in power plants: a qualitative assessment of work safety perceptions among employees.

掲載誌: J Risk Res 2020; 23 (12): 1650-1660

この研究は、発電所従業員の電磁界ばく露に関する労働安全についての認識を調べるため、オランダの3箇所の発電所原子力以外)で15個の準構造化インタビューを実施した。その結果、この研究における発電所は必要な場所でのフェンスおよび警告標識を十分に使用し、安全な労働環境を創出していることが示された。但し、一部の労働者は、電磁界の特性に関する規制が曖昧で、組織的な問題があり、明確性が欠如していると認識していた。また、電磁界に関する労働安全会議について改善の余地が若干あることも示された。従業員は電磁界とその潜在的健康影響および緩和方法についての情報を欲していたが、その情報ニーズは限定的で単純であり、簡単な警告システムと書面での安全情報で十分であろう、と著者らは結論付けている。

リスク認知

影響評価項目

ばく露