研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[電磁過敏症(EHS、マイクロ波症候群)‐メカニズムのレビュー] review

Electromagnetic hypersensitivity (EHS, microwave syndrome) - Review of mechanisms.

掲載誌: Environ Res 2020; 186: 109445

この論文は、「電磁過敏症(EHS)」のメカニズムについての先行研究をレビューし、以下のようにまとめている。EHSは、様々な非特異的な多臓器症状を特徴とする臨床症候群で、一般的には中枢神経系症状を含み、環境中または職場での急性または慢性電磁界ばく露後に生じる。多くの研究が、極めて低強度の超低周波(ELF)および無線周波RF)の電磁界による細胞レベルでの生物学的影響を示している。多種化学物質過敏症(MCS)を説明するメカニズムの多くが改変されてEHSに適用されている。反復ばく露は鋭敏化と反応の強化を生じる。多くの過敏症患者は、過剰な酸化ストレスによる過負荷から解毒システムに障害をきたしているようである。電磁界は生細胞内でのカルシウムシグナル伝達カスケードの変化、フリーラジカルプロセスの有意な活性化、活性酸素種の過剰産生、神経学的機能および認知機能の変化、血液脳関門のかく乱を生じ得る。燃料燃焼由来の大気汚染から吸収されるマグネタイト結晶は、脳内での電磁界の影響に重要な役割を担っている可能性がある。電磁界のその他の一般的な影響には、皮膚、毛細血管免疫および血液系への影響がある。EHSの症状の根底にあるメカニズムは生物学的にもっともらしく、多くの有機生理学的反応は電磁界ばく露後に生じる、と著者らは結論付けている。また、電磁界生物学的影響からの防護のためにばく露限度を引き下げるべきである、と主張している。

影響評価項目

ばく露