[一般的なWi-Fiルータから放せられる低電力密度放射は精子濃度と精子組織形態計測パラメータに影響を与える:男性不妊治療の新たな地平] med./bio.

Low-power Density Radiations Emitted from Common Wi-Fi Routers Influence Sperm Concentration and Sperm Histomorphometric Parameters: A New Horizon on Male Infertility Treatment.

掲載誌: J Biomed Phys Eng 2020; 10 (2): 167-176

この研究は、不妊および健康なマウスの生殖系に対する低電力密度のWi-Fi放射の影響を調べた。Balb/cマウスの雄の成獣30匹を無作為に5群に割り付けた。精子減少症‐擬似ばく露群(OS)、精子減少症‐ばく露群1(OE1)、精子減少症‐ばく露群2(OE2)には、ブスルファン[抗がん剤の名称]10 mg/kgを腹腔内投与した。対照‐擬似ばく露群(CS)および対照‐ばく露群(CE)にはブスルファンを投与しなかった。OE1、OE2およびCEは、Wi-Fiルータからの2.4 GHz放射ばく露した。左右の精巣および右の精巣上体を切開し、組織病理学的および組織形態学的変化、ならびに静止の質を分析した。その結果、Wi-Fi放射はCS群と比較してCE群の精子濃度を有意に高めたが、精子細胞の増強は有意ではなかった。OE2群ではOE1群と比較して、精子濃度が高く、精子細胞が増強された。これらの知見は、低電力密度のWi-Fi放射によるホルミシス効果にはマウスの精子濃度および精子組織形態学的パラメータに対して生物学的な便益があることを示している、と著者らは結論付けている。

ばく露