[数世代のウズラの胚発生および個体発生に対する1000倍弱められた磁界の影響] med./bio.

Influence of a 1000 Times Weakened Magnetic Field on Embryogenesis and Ontogenesis of the Japanese Quail in Several Generations.

掲載誌: Dokl Biol Sci 2020; 490 (1): 19-24
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、三世代のウズラの胚および後胚期発生に対する、1000倍弱められた地磁気の影響力を調べた。その結果、弱められた地磁気はウズラの胚における血管形成、特に受精7日目の胚の血管新生に影響を及ぼすことが示された。三世代の時期が異なる胚の病理学的および解剖学的研究では、血管系障害に関連する各種の病変、ならびに嘴および眼の発達における障害が認められた。第三世代(F3)の個体発生では、雛の孵化率の低下が認められた、と著者らは報告している。

ばく露