[誘導電界の近似値としての入射電力密度の制限] temp.

Limitations of Incident Power Density as a Proxy for Induced Electromagnetic Fields.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2020; 41 (5): 348-359

最新の安全ガイドラインでは、6 GHz超の周波数での電磁界ばく露に対する制限が、体内での送信電力密度の空間的・時間的な平均として定義されている。その場(in situ)での評価を容易にするため、入射電力密度についての参考レベルが導出されている。この研究は、この参考レベルへの適合が常に基本制限への適合を担保するかどうかを調べるため、異なるアンテナ(ダイポール、ループ、スロット、パッチ、へリックス)からの複数の距離で評価を実施した。電力密度の3つの定義(ポインティングベクトルの垂直実部、3つのベクトル成分の実部の積分、その係数)を、λ2 /16、4 cm^2(30 GHz未満)および1 cm^2(30 GHz)の平均化面積で比較した。リアクティブ近傍界(d < λ/(2π))では、アンテナが自由空間ばく露限度で動作する場合、送信電力密度は過小評価となり得ることが示された。この過小評価は6 dB(4.0倍)を超えることがあり、結合メカニズムが異なるために電磁界発生源に依存し、平均化面積が一定(4および1 cm^2)では周波数に依存する。距離が大きければ、人体と発生源間の後方散乱により、理論的な平面波送信係数よりも大きくなり得る。入射ポインティングベクトルの係数を用いると、過小評価は最も小さくなる、と著者らは報告している。

ばく露