[無線周波電磁界発生源への居住環境ばく露についての革新的な確率論的モデリング] tech./dosim.

Innovative Stochastic Modeling of Residential Exposure to Radio Frequency Electromagnetic Field Sources.

掲載誌: IEEE Journal of Electromagnetics, RF and Microwaves in Medicine and Biology 2021; 5 (1): 62-69

この研究は、現実的な集合住宅内での不確かな位置に配置したWi-Fiからの無線周波RF電磁界ばく露を評価した。集Wi-Fi発生源の配置にかかわらず、合住宅全体での電界の二次元(2D)空間分布を示すため、主成分分析(PCA)とガウス過程回帰(クリンギング法)を組み合わせた革新的なアプローチを適用した。2D代用尺度モデルを用いて、Wi-Fi発生源の3つの異なる利用シナリオ(新たなウェブサイト閲覧、Skypeビデオ通話、YouTube動画視聴)でのばく露を調べ、発生源の配置10000か所に対する集合住宅の個々の位置での誘導電界を評価した。その結果、全ての測定条件を通じて、電界中央値の分布は2.2 - 96.1 mV/m、99パーセンタイル値は4.9 - 209.3 mV/mの範囲であった。2D代用尺度モデルでは、集合住宅内でのWi-Fi発生源の任意の配置に対するばく露の完全な記述が得られた、と著者らは報告している。

ばく露