[ヒトの健康に対する超低周波磁界ばく露の生物学についての洞察] basics

Insights in the biology of extremely low-frequency magnetic fields exposure on human health.

掲載誌: Mol Biol Rep 2020; 47 (7): 5621-5633

このレビュー論文は、ELF磁界生物学の理解における最近の進展について、介在する疾病のメカニズムに焦点を当てて考察すると共に、がん神経疾患心臓血管疾患生殖疾患に対するELF磁界ばく露の影響についての最新の実験研究および疫学研究の結果を要約している。ゲノム不安定性効果についての最近の見解、ならびにELF磁界療法についての科学的証拠についても言及している。この論文の著者らは、ELF磁界ばく露には電流密度磁界強度およびばく露持続時間に応じた有害な生物学的影響、ならびに、ELF磁界ばく露小児がんアルツハイマー病および流産との間に相関があることを示す疫学的証拠がある、と結論付けている。一方、成人がんについてはリスク上昇は認められておらず、心臓血管系疾患死亡率については一貫性のある証拠はない、としている。

ばく露