[ゼブラフィッシュの胚発生に対する高ばく露量の3.5 GHz携帯電話無線周波のインパクト] med./bio.

Impacts of high dose 3.5 GHz cellphone radiofrequency on zebrafish embryonic development.

掲載誌: PLoS One 2020; 15 (7): e0235869

この研究は、ゼブラフィッシュの発生中の胚に対する、3.5 GHzの無線周波RF放射生物学的インパクトを調べた。比吸収率SAR)約8.27 W/kgのRFに受精後時間(hpf)で6 hpfから48 hpfまでばく露し、120 hpfに一連の形態学的及び行動学的エンドポイントを測定した。その結果、死亡率、形態または光運動反応に対する有意なインパクトはなく、あるレベルの感覚運動障害を示唆する驚愕反応の控えめな抑制が認められた。このことから、携帯電話放射にはおそらく良性の、僅かな感覚運動作用を有することが示唆された、と著者らは結論付けている。

ばく露