[無線周波電磁界はウサギの心拍変動に影響する] med./bio.

Radiofrequency electromagnetic field affects heart rate variability in rabbits.

掲載誌: Physiol Res 2020; 69 (4): 633-643

この研究は、ウサギの心拍変動(HRV)に対する、現行の職業的ばく露限度を僅かに超える無線周波RF電磁界の影響を調べた。New Zealand White種のウサギ21匹を2群に割付け、二重盲検法に用いた。第1群は、信号発生装置からのRF電磁界(1788 MHz、160 V/m、150分間)へのばく露下で全身麻酔なしでHRV試験を実施した。第2群は、携帯電話基地局からの実際のRF電磁界(スロヴァキアの携帯電話事業者のダウンリンク信号に相当する1805-1870 MHz、160 V/m、150分間)に、第1群と同じプロトコルで、アルファクロラロースを事前投与してHRV試験を実施した。その結果、HRVパラメータの上昇とRFばく露との関連が認められた、と著者らは報告している。

ばく露