研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[電磁界の子どもへの健康影響] review

Health effects of electromagnetic fields on children.

掲載誌: Clin Exp Pediatr 2020; 63 (11): 422-428

この論文は、電磁界ばく露によるヒト、特に子どもへの健康影響について以下のように論じている。今日の世界では、大多数の子どもが各種の人工的な電磁界ばく露されている。成長中の子どもの脳は電磁放射に対して脆弱であることから、電磁界健康影響についての保護者の懸念は高まっている。電磁界に関連する健康影響のうち最も重要なものは、ヒトに対する発がん性である。国際がん研究機関IARC)は、超低周波(ELF)および無線周波RF電磁界を「ヒトに対して発がん性があるかも知れない(グループ2B)」と評価しているが、世界保健機関WHO)の見解は今のところ確定していない。十分に制御された子どもでの電磁界実験はほとんど不可能なので、科学的知識を客観的に解釈することが望ましい。電磁界の潜在的健康影響が確定されるまで、子どもに対して念のための(precautionary)アプローチが推奨される。

影響評価項目

ばく露