[体組成評価手順における非電離および電離放射線防護] basics

Radiation protection in non-ionizing and ionizing body composition assessment procedures.

掲載誌: Quant Imaging Med Surg 2020; 10 (8): 1723-1738

体組成評価(BCA)は健康被験者と病気の患者の除脂肪組織脂肪組織の定量化を通じて栄養状態を評価するための有効な手段である。体組成(BC)は各種の方法で評価できる。患者に対する放射線のリスクをより正確に分析するため、BCA手順は電離放射線(IR)ベースのもの(二重エネルギーエックス線吸収測定法(DXA)およびコンピュータ断層撮影法(CT))ならびに非電離放射線NIR)ベースのもの(磁気共鳴画像撮影法(MRI))に分けられる。この研究は、医学的BCA手順を受ける患者に対するリスクを医療従事者に認知させ、最適な手法を選択するためのガイドを提示するため、IRおよびNIRの影響についての文献を分析し、それらの生物学的影響および関連するリスク、特にがんによる過剰死亡リスクを調べた。更に、最適化プロセスにおける実用的な表示のため、異なるIR技法からの被ばく線量を比較した。また、NIRおよび超音波を用いた技法についての現行の推奨事項および制限をまとめた。この論文の著者らは、NIR画像撮影プロセスについては、MRIに関与する電磁界と生体組織との相互作用について実施された研究は少なく、これまでのところ、MRIまたはそれに関連する磁界およびパルス無線周波RF)と健康リスクとの明確なつながりは存在せず、組織の火傷および眼内閃光についてはよく知られているが、NRIがDNA損傷および化学結合を切断する能力は強固には証明されておらず、MRIは超音波と同様に非常に安全なBCA手順と見なされる、と結論付けている。

ばく露