[通常のWi-Fiデバイスから放せられる無線周波によるWistarラットの肝障害] med./bio.

Hepatic injury induced by radio frequency waves emitted from conventional Wi-Fi devices in Wistar rats.

掲載誌: Hum Exp Toxicol 2020: 960327120946470 [in press]

この研究は、雌のWiatarラット肝臓に対するWi-Fiデバイスからの2.45 GHzの無線周波RF電磁界(連続する40日間での24時間の全身平均比吸収率が0.01 W/kg)のインパクトを調べた。ラットを無作為にばく露群および対照群に割付け、ばく露終了後に肝臓を摘出し、酸化ストレスの幾つかのパラメータならびにグルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼおよびグルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼのレベルをフーリエ変換赤外分光法(FTIR)で評価した。組織病理学的検査および超音波検査も実施した。その結果、Wi-Fiばく露ラット肝臓に重篤な酸化ストレス、肝機能の低下および分子構造の変化、肝組織の重篤な組織学的および微細構造の変化を生じることが示された、と著者らは報告している。

ばく露