[火力発電所作業者の磁界ばく露の推定およびハザードゾーンのシミュレーション] tech./dosim.

Estimation of Thermal Power Plant Workers Exposure to Magnetic Fields and Simulation of Hazard Zones.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2020; 190 (3): 289-296

この研究は、火力発電所の異なるユニットでの超低周波(ELF)磁界ばく露レベルを、電気電子学会(IEEE)C95.3.1規格に基づいて測定し、磁界強度が最も高いユニットでシミュレートした。その結果、磁界ばく露の測定値および推定値が両方とも最高および最低だったのは、それぞれ運転員および周辺機器の担当技術者(12.64 ± 9.74 μT)ならびに事務所作業者(2.41 ± 1.22 μT)であった。最も高い磁界測定値(48.2 μT)は変圧器建屋内の送電線の近傍で測定された。いずれの場合でも、実測値は推定値よりも高く、推定方法の改善が必要である、と著者らは結論付けている。

ばく露

関連論文