[電離放射線および非電離放射線による肝組織の機能、組織病理学的変化、および酸化ストレスの評価] med./bio.

Assessment of function, histopathological changes, and oxidative stress in liver tissue due to ionizing and non-ionizing radiations.

掲載誌: Caspian J Intern Med 2020; 11 (3): 315-323

この研究は、900/1800 MHzおよび2.4 GHzの無線周波RF電磁界、ならびにエックス線の相互作用について調べた。Wistarラット120匹を無作為に12匹ずつ10群に割り付け、RF、10 cGyおよび8 Gyのエックス線に複合ばく露または擬似ばく露し、血清サンプル中の肝臓酵素レベルを自動分析器で調べた。また、組織病理学的変化、ならびにマロンジアルデヒドMDA)、一酸化窒素、第二鉄還元酸化力、総チオール、およびタンパク質カルボニル(PCO)のレベルを測定した。その結果、ガンマ-グルタミルトランスフェラーゼはエックス線照射とは関連していなかったが、アスパラギン酸トランスアミナーゼ、アラニントランスアミナーゼ、およびアルカリホスファターゼには若干の関連が認められた。8 Gyのエックス線照射後、MDAおよびPCOレベルが上昇したが、RF電磁界への事前ばく露によってその変化を調節することができた。細胞レベルでは、小葉の炎症の頻度が、介入の種類と関連していた。これらの結果から、電離および非電離放射線へのばく露は共に、一部の肝機能試験の結果を変化させ得ることが示された。8 Gyのエックス線照射前のRFへの短期的な事前ばく露が、酸化ストレスマーカーおよび肝機能試験の結果を変化させたことは、この適応応答には酸化ストレスが関与している可能性を示している、と著者らは結論付けている。

ばく露