[Massive MIMOアンテナから生じる電磁界へのばく露を制限するための電力制御システムを特徴付ける方法論] tech./dosim.

A Methodology to Characterize Power Control Systems for Limiting Exposure to Electromagnetic Fields generated by Massive MIMO Antennas.

掲載誌: IEEE Access 2020; 8: 171956-171967

第5世代(5G)移動通信では、新たな周波数帯が割り当てられ、Massive MIMOおよびビームフォーミング技術が幅広く用いられるが、その基地局から発せられる電磁界へのヒトのばく露の評価方法が課題となっている。Massive MIMOアンテナの長期的に時間変化する挙動および空間的に複雑な特徴、ならびに波源での時分割複信(Time-Division Duplexing: TDD)の利用により、電磁界ばく露の評価に際しては放射電力の空間的および時間的分布に依拠した統計的アプローチに基づくことが必要となり、これは定格電力ではなく実際の最大送信電力(経験的な分布の95パーセンタイル値で定義)に基づくシミュレーションを通じて決定される。ばく露限度値を超えないことを担保するため、送信電力制限するモニタリングおよび制御システム(通常は電力ロック(PL)と称される)が用いられる。この論文の著者らは、製造業者によって実装される特定の技術的解決策に依存せずに、そのような制御システムを特徴付け、所与の時間間隔に送信される平均電力を制御する能力を判定するための手法を提案している。実験結果から、この手法の有効性が示された、と著者らは報告している。

ばく露