研究のタイプ: レビュー

[真正[de novo]急性骨髄性白血病の概念への挑戦:我々の中に隠れている環境的および職業的な白血病誘発因子] review

Challenging the concept of de novo acute myeloid leukemia: Environmental and occupational leukemogens hiding in our midst.

掲載誌: Blood Rev 2021; 47: 100760

このレビュー論文は、急性骨髄性白血病AML)の誘発因子についての研究を以下のように論じている。ゲノムの破壊に由来するAMLのような骨髄新生物は通常、多段階で生じる。重要な細胞プロセスにおける造血幹細胞前駆細胞異常性の獲得は、生殖細胞系列の素因のような内因子または骨髄微小環境のような外因子、あるいは環境因子と組合された場合、必要な前白血球クローンの選択、拡大、進化につながることがある。これらのうちの複数が「白血病誘発因子」として発動する。既知の白血病誘発因子は多数あり、治療環境、労働環境および一般環境で認められるが、それらを個々の白血病患者に関連付けることは困難であることがしばしばである。特定の化学療法剤または放射治療を受けた患者は、治療に関連するAMLの計算上のリスクを受け入れる。ベンゼン、ダイオキシン、ホルムアルデヒド電磁放射線および粒子放射線への職業的ばく露は、AMLのリスク上昇と関連付けられている。規制当局は職場での受容可能なばく露限度を確立しているが、白血病誘発因子への偶発的なばく露および環境ばく露は生じ得る。非遺伝性の真正[de novo]のAML症例の多くは、人工的でない環境中の白血病誘発因子への避けられないばく露のせいかも知れない。

影響評価項目

ばく露