[2.45 GHzの連続およびパルス波信号にイン・ビトロばく露したヒト線維芽細胞:多方法論的アプローチによる生物学的影響の評価] med./bio.

Human Fibroblasts In Vitro Exposed to 2.45 GHz Continuous and Pulsed Wave Signals: Evaluation of Biological Effects with a Multimethodological Approach.

掲載誌: Int J Mol Sci 2020; 21 (19): E7069

無線周波RF電磁界非熱作用による遺伝毒性および細胞毒性を調べた幾つかのイン・ビトロ研究では、矛盾した結果がこれまでに報告されているが、これは主に不適切な実験デザインおよび十分に特徴付けられたばく露装置およびばく露条件が欠如していることによるものと考えられる。この研究は、特徴付けられたばく露装置および多方法論的アプローチを通じて、2.45 GHzのRFばく露による潜在的な非熱的生物学的影響を分析した。ヒト線維芽細胞をワイヤパッチ細胞ベースのばく露装置内で比吸収率SAR)が0.7 W/kgの連続波およびパルス波信号に2時間ばく露した。潜在的な生物学的影響を、旧来の生物学的指標(遺伝毒性細胞周期超微細構造)および強力なハイスループット次世代シーケンシング(NGS)RNAシーケンシングを通じた遺伝子発現プロファイルの評価を含む、多方法論的アプローチを通じて評価した。その結果、2.45 GHz RFは評価したパラメータおよび条件について、細胞または分子レベルでの有意な生物学的影響を生じないことが示唆された、と著者らは報告している。

ばく露