研究のタイプ: サーベイ

[活性酸素種:低磁界ばく露に応答する潜在的な調節分子] review

Reactive Oxygen Species: Potential Regulatory Molecules in Response to Hypomagnetic Field Exposure.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2020; 41 (8): 573-580

ヒトを含む生物は、例えば人工的に遮へいされた磁気環境や深宇宙探査の際に、低磁界(<5 μT)にばく露されることがある。先行研究では、低磁界ばく露は多くの動物中枢神経系および胚発生に負の影響を生じうることが示されているが、その根底にあるメカニズムは依然として不明である。低磁界細胞の活性酸素種ROS)レベルに影響し、それによって生体内の生理学的および生物学的プロセスを変化させることが明らかにされている。活性が高いフリーラジカルの主な構成要素で、生体内にどこにでも存在するROSは、磁界の変化に応答する様々な生理学的プロセスを調節するシグナル伝達分子の候補と仮定されている。このレビュー論文は、動物中枢神経系および初期胚発生に対する低磁界の負の影響の研究における最近の進展を、細胞内ROSおよびそれが低磁界への応答において担っている役割に焦点を当てて要約している。更に、低磁界細胞内ROSレベルを調節する潜在的メカニズムについて考察している。

影響評価項目

ばく露