[ラットの熱感受性に対する無線周波電磁界の影響] med./bio.

Effect of Radiofrequency Electromagnetic Fields on Thermal Sensitivity in the Rat.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2020; 17 (20): E7563

この研究は、N-メチル-D-アスパラギン酸NMDA受容体がその調節の役割を担っている痛みの知覚に対し、無線周波RF電磁界ばく露が影響を及ぼし得るという仮説を検証した。ラットを4週間にわたり、0、1.5、6 W/kgのRF電磁界に5回/週ばく露、またはケージ対照として飼育した。週1回、2つの温度(50 °C(温痛覚)および28 °C)のプレートの選択についての点数付けの前に、NMDAまたは生理食塩水を注射した。その結果、ケージ対照群および擬似ばく露群では、生理食塩水投与後と比較して、NMDA投与後の高温回避の潜時にマイナス45%の有意な減少が認められた。6 W/kgばく露群では擬似ばく露群と比較して、高温回避の潜時に40%の有意な増加が認められた。RFばく露の影響はNMDA処理後には消失した、と著者らは報告している。

ばく露