[7.83 +/- 0.3Hzの矩形波へのばく露によるB16F10がん細胞増殖の阻害にはL型およびT型カルシウムチャネルが関与する] med./bio.

Inhibition of B16F10 Cancer Cell Growth by Exposure to the Square Wave with 7.83+/-0.3Hz Involves L- and T-Type Calcium Channels.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2021; 40 (1): 150-157

この研究は、7.83±0.3 Hz(0.1 Hz刻みで掃引)の矩形波へのばく露が、B16F10メラノーマ細胞の成長を阻害することを報告している。また、磁界の分布をビオサバールの法則により計算し、MATLABを用いてプロットしている。イン・ビトロ研究では、矩形波への48時間のばく露後に、B16F10細胞の増殖の低下およびCa2+流入の増加が示された。Ca2+流入は、電位依存性L型およびT型Ca2+チャネルの阻害によりブロックされた。これらのデータから、時間変化する特定の超低周波(ELF)電磁界にはB16F10細胞に対する抗増殖作用があること、ならびに、その阻害にはCa2+および電位依存性L型およびT型Ca2+チャネルが関連していることが確認された、と著者らは結論付けている。

ばく露