研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[口腔上皮に対する携帯電話使用の遺伝毒性および細胞毒性効果:メタ分析を用いた系統的レビュー] review

Genotoxic and cytotoxic effects of mobile phone use on the oral epithelium: a systematic review with meta-analysis.

掲載誌: Gen Dent 2020; 68 (6): 70-74

このレビュー論文は、携帯電話から発せられる非電離放射線には口腔上皮に対して遺伝毒性および/または細胞毒性作用があるかどうかを調べた。文献データベースMEDLINE、PubMed、Scopus、LILACS、Google Scholar、PROSPERO、Cochrane Libraryを用いて、2009-2019年に発表された証拠を、以下の包含クライテリアで検索した:無線周波RF)に関連した口腔粘膜への影響の調査;細胞毒性および/または遺伝毒性作用の調査;ヒトに関連する調査;口腔上皮から剥離した細胞を用いた調査。耳下腺に関連した調査は除外した。検索にヒットした464報の論文に適格性クライテリアを適用し、358報のアブストラクトを分析し、351報を除外し、残り7報の全文をレビューし、1報を除外した。分析に包含した6報は証拠の質がレベル5と分類された(観察研究)。メタ分析に含めた2報では、RF電磁界ばく露された側とばく露されなかった側で小核形成頻度を比較していた。これらの研究で示された証拠の程度は低かったが、メタ分析では、携帯電話使用に関連した遺伝毒性はないことが示された。但し、一部の研究で認められた細胞核のその他の異常は、携帯電話のRFばく露による細胞毒性の発生を示唆している、と著者らは結論付けている。

ばく露