[電磁界への擬似ばく露による体性感覚錯覚:身体症状知覚の予測処理アカウントの実験的証拠] med./bio.

Somatosensory illusions elicited by sham electromagnetic field exposure: experimental evidence for a predictive processing account of somatic symptom perception.

掲載誌: Psychosom Med 2020 [in press]

身体症状発生の予測処理理論によれば、身体的な感覚は体性感覚入力とその入力に関する中枢神経予測によって決定される。この研究は、医学的に説明できない症状を実験室内で模擬した幻想的な感覚を引き出すタスクにおいて、期待がどのようにして予測を形作り、その結果として身体的な知覚を形作るか、を調べた。シグナル検出理論の枠組みを用いて、触覚刺激への反応バイアスおよび体性感覚感受性に対するWi-Fiへの擬似ばく露の影響力を、体性シグナル検出タスク(SSDT)で調べた。健康な学生参加者(n = 83)が、電磁界健康への悪影響を示唆する動画視聴後にSSDTを2回(擬似ばく露、実ばく露)、無作為順に受けた。その結果、Wi-Fi信号が存在すると期待している場合、参加者は触覚刺激に対し、体性感覚の錯覚を経験する傾向が強いことの証拠である自由な反応バイアスを有意に多く示した(p = 0.010)。体性感覚感受性の優位な変化は認められなかった(p = 0.76)。電磁界は有害であるという負の期待は、体性感覚の決定クライテリアを変化させることで、幻想的な症状の知覚の発生を助長するかもしれず、このようなバイアスのある知覚は身体症状リスク要因と見なされる、と著者らは結論付けている。

ばく露