[ワイヤレス電力伝送システムにおけるマウスへの電磁生物学的影響] med./bio.

Electromagnetic Biological Effect on Mice in Wireless Power Transmission System.

掲載誌: IEEE Access 2020; 8: 205558-205567

この研究は、ワイヤレス電力伝送システムとマウスの主な臓器のモデルを構築し、電磁界熱作用をシミュレートした。マウスをシステム内に配置し、各臓器での誘導電界強度および温度上昇のピーク値を計算した。その結果、誘導電界強度のピーク値は肝臓で最も高く、1.43 V/mであった。温度上昇は腎臓で最も高く、2.736*10^(-6)°Cであった。また、主な臓器での誘導電界強度および温度上昇のピーク値は遮へい板で効果的に低減できることも示された。次に、ワイヤレス電力伝送システム用の生体安全性実験プラットフォームをセットアップし、生物学組織の構造、免疫性因子、および性ホルモン含量の変化を分析した。その結果、マウスの免疫性因子のレベルは有意に上昇し、テストステロンおよびプロゲステロンのレベルは低下した。心臓組織の構造に変化はなかったが、肝臓脾臓卵巣および精巣は影響を受けた。肝臓形態学的変化が最も大きく、これはシミュレーション結果と一致した、と著者らは報告している。

ばく露