研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[無線周波電磁界と細胞内外へのカルシウム移動] review

Radiofrequency Fields and Calcium Movements Into and Out of Cells.

掲載誌: Radiat Res 2021; 195 (1): 101-113

最近の第5世代移動通信(5G)システムの展開は、無線周波RF放射のいわゆる「非熱的な」有害作用の可能性の再評価の要求を生じている。低レベルのRFによってカルシウムが影響を受ける可能性は、約50年間にわたって研究対象とされており、最近では電位依存性カルシウムチャネル(VGCC)が環境中のRF電磁界に「極端に敏感」であるということが示唆されている。このレビュー論文は、特定の変調のRFがVGCCのゲート開閉メカニズムと結合する可能性を調べると共に、研究結果の一貫性について過去50年間の文献をレビューした。その結果、国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)のガイドラインの制限値での電磁界によって誘導される電流は、ゲート開閉に必要とされる電流より何桁も低く、超低周波(ELF)変調の検出および整流には生物学的メカニズムが存在する必要があるが、そのようなメカニズムは証明されておらず、実験研究では全体として、RFがカルシウムイオン細胞内外への移動に影響を及ぼすということは検証されていない、と著者らは結論付けている。

ばく露