研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[がんとそのリスク因子についての成人の知識レベルおよび態度] risk

Knowledge levels and attitudes of adult individuals about cancer and its risk factors.

掲載誌: Niger J Clin Pract 2020; 23 (11): 1607-1614

この研究は、がんとそのリスク因子についての成人の知識および態度を、トルコのトラブゾン市中心部で調べた。多段階無作為化サンプリング法を用いて、人口集団105071人からサンプル1200人を抽出した。文献レビューと専門家の意見を受けて開発したアンケートを用いてデータを収集した。その結果、参加者の45.7%が喫煙、9.1%が飲酒、40.8%が酸性食品を摂取、33.0%が一等親血縁者にがんの家族暦あり、28.5%が一親等血縁者にがん関連死ありであった。参加者は、がんが最も致命的な病気であり、上位3つのがん原因因子としてたばこ(95.7%)、携帯電話(90.4%)、アルコール(90.2%)を挙げた。62.4%はがん症状を知らず、86.4%および76.4%はそれぞれ「悲しみやストレスがんを生じる」、「がんは遺伝する」と信じていた。この研究は、成人がんについてかなりのレベルの間違った不完全な情報を有しており、がんリスク要因についての彼らの行動を適切なものに変えることはできなかった、と著者らは報告している。

リスク認知

影響評価項目

ばく露