[Wistarラットの学習およびコリン作動性バイオマーカーの海馬レベルに対するばく露量が異なる2.1 GHz電磁放射によって生じるかもしれない影響] med./bio.

Possible effects of different doses of 2.1 GHz electromagnetic radiation on learning, and hippocampal levels of cholinergic biomarkers in Wistar rats.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2021; 40 (1): 179-190

この研究は、2.1 GHz無線周波RF放射への異なるばく露量での短期ばく露が、ラット行動および海馬でのコリン作動性バイオマーカーのレベルに異なる影響を生じるかどうかを調べた。ラットを3群に等分し、グループ1:擬似ばく露群、グループ2:45 V/mばく露群、グループ3:65 V/mばく露群に割り付けた。数値計算によるドシメトリシミュレーション実施した。位置認識試験およびY字型迷路行動学的課題を実施した。海馬でのアセチルコリンエステラーゼ(AChE)、コリンアセチルトランスフェラーゼ(ChAT)、小胞アセチルコリントランスポーター(VAChT)のタンパク質およびmRNA発現レベルを、ウェスタンブロットおよびリアルタイムポリメラーゼ連鎖反応RT-PCR)で調べた。その結果、65 V/mばく露群で、位置認識試験およびY字型迷路での課題遂行能力の低下、ならびに海馬でのAChE、ChAT、VAChTのレベルの有意な低下が認められた。これは、ラットの鼻がアンテナから最も近くに位置していたためかもしれない、と著者らは述べている。また、シミュレーションによる比吸収率SAR)の値は65 V/mばく露群で最も高かった、と著者らは報告している。

ばく露