[ダイポールアンテナにばく露されたヒト頭部でのSAR[比吸収率]および温度上昇に対する金属物体の影響(数値解析)] tech./dosim.

The effect of metal objects on the SAR and temperature increase in the human head exposed to dipole antenna (numerical analysis).

掲載誌: Case Studies in Thermal Engineering 2020; 22: 100789

高い電磁反射特性を有するウェアラブルな金属物体は、電磁放射へのばく露の際に入射波に障害を生じ得ることから、この研究は、組織電磁放射ばく露された際の電磁エネルギーの吸収および温度を上昇させ得る金属物体の影響を調べた。頭部と波源との間に金属物体を配置した場合のヒト頭部モデルにおける比吸収率SAR)の上昇および温度分布についての数値解析を、現実的な三次元不均質ヒト頭部モデル、形状および大きさが異なる金属物体、レンズが異なる眼鏡を用いて実施した。1800 MHzで動作する半波長ダイポールアンテナを波源とした。その結果、頭部の近傍での金属物体の存在は、組織中のSARおよび温度上昇を変化させることが示された。大半の場合、金属物体は入射電磁界を再分配し、小さな領域での電力吸収を増加させ、その領域でのSARおよび温度を上昇させた。頭部の層での電力吸収は金属物体の大きさおよび形状、金属物体とアンテナとの間隔に対して敏感であることが示された、と著者らは報告している。

ばく露