[携帯電話ユーザーの剥離した頬粘膜細胞における小核発生率:症例対照研究] med./bio.

Occurrence of micronuclei in exfoliated buccal mucosal cells in mobile phone users: A case-control study.

掲載誌: Indian J Dent Res 2020; 31 (5): 734-737

この研究は、携帯電話ユーザーの剥離した頬粘膜細胞における小核を検出し、その定量的分析を実施した。100人の被験者のうち50人をばく露群、50人を対照群に割付け、各被験者から頬粘膜標本を採取し、パパニコロウ染色を行い、小核の存在を調べた。その結果、ばく露群および対照群で、携帯電話平均使用年数はそれぞれ5.32年および2.42年、1日あたりの平均使用時間はそれぞれ94.8分および12.4分で、小核発生頻度はそれぞれ0-16個および0-2個であった。取得したデータはStudent t検定を用いて統計的に分析し、0.0001のレベルで有意な結果が得られた、と著者らは報告している。

ばく露