[無線周波電磁界の遺伝毒性:イン・ビトロ研究の系統的レビューのためのプロトコル] basics

Genotoxicity of radiofrequency electromagnetic fields: Protocol for a systematic review of in vitro studies.

掲載誌: Environ Int 2021; 148: 106386

この論文の著者らは、無線周波RF電磁界遺伝毒性をイン・ビトロ細胞モデルで調べた実験研究の系統的レビューのため、以下のプロトコルを開発した。米国の国家毒性プログラム‐健康評価・トランスレーション局(NTP-OHAT)が策定したガイドラインを採用し、哺乳類細胞での制御されたRF電磁界遺伝毒性との関連を扱った研究で、一次研究からの知見を報告した査読付き論文をレビュー対象に包含する。科学文献データベースPubMed、Web of Science、EMFポータルで検索を実施する。出版日でのフィルタリングは行わず、英語で書かれた研究のみを考慮する。レビューに包含した論文および入手可能なレビューの参考文献リストをスクリーニングし、同定されなかった関連論文を調べる。包含した論文からのデータを、事前に定義した様式に従って抽出する。得られた知見を図表にまとめる。ばく露の特徴、エンドポイント、細胞の種類の面で一様な研究のサブグループが同定されれば、これについてメタ分析を実施する。包含した研究の内部妥当性を、NTP-OHAPの動物研究用のバイアスリスク評価ツールをイン・ビトロ研究に適用して評価する。証拠全体の確度の評価のため、動物研究用のOHAT GRADEに基づくアプローチを用いる。

ばく露