[無線周波電磁界へのばく露の結果としてのチオール/ジスルフィドホメオスタシスおよび抗酸化状態の分析] temp.

Analysis of thiol/disulphide homeostasis and oxidant-antioxidant status as a result of exposure to radio-frequency electromagnetic fields.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2021; 40 (1): 84-91

この研究は、ラット血清におけるチオール/ジスルフィドホメオスタシスおよび抗酸化状態に対する、長期的な無線周波RF電磁界ばく露の影響を調べた。雄のSprague-Dawleyラット14匹を2群(各群n = 7)に割付、一方を擬似ばく露対照群、もう一方を2100 MHzばく露群とした。ばく露群はGSM様信号に5時間/日、7日間/週、14日間暴露した。血液サンプルの血清から、天然チオール、総チオールおよび天然/総チオールレベル、ならびに抗酸化酸化パラメータを分析した。その結果、ばく露群では対照群と比較して、血清の総チオールレベル(p = 0.219)、天然チオールレベルの平均(p = 0.416)、ジスルフィドレベルの平均(p = 0.566)、抗酸化状態、総酸化状態および酸化ストレス指標が高かった。これらの結果は、RF電磁界酸化ストレスおよびチオール/ジスルフィドホメオスタシスの統計的変化を生じないことを示している、と著者らは結論付けている。

ばく露