研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[スマートメーターに対する一般のサポートを理解する:メディアの注目、誤解、知識] risk

Understanding public support for smart meters: media attention, misperceptions, and knowledge.

掲載誌: J Risk Res 2021 [in press]

この研究は、スマートメーター技術についてのメディアの注目、リスク認知、知識、支持との関連を調べた。スマートメーターの展開は部分的に、この技術ががんを生じる、または不正確な電気料金徴収につながり得るという信念によって阻害されている。著者らは、この技術についての間違った情報と支持との関連を調べるため、米国に住む1046人のサンプルを分析した。その結果、スマートメーターに注意を払うことは、スマートメーターについての誤情報をよく知っていることと関連していることが示された。誤情報をよく知っていることは、この技術に関するリスクを誤解することとも関連していた(例:スマートメーターに関連した健康問題についての間違った情報を認識している人々は、この技術に関連する健康関連の問題をより懸念していた)。最終的に、スマートメーターについてのより高い懸念のレベルを報告することは、スマートメーター設置の増加を意図した政府および産業界の政策に対する支持が低いことと関連していた。但し、スマートメーターへの支持を低下させる誤解についての関連は、この技術についての知識レベルが低い人々にのみ見られた。これらの結果は、政策または技術の発展への支援といった結果に対して、間違った情報が及ぼし得る影響を緩和する上で、知識が防護的な要因であるかもしれないことを示している、と著者らは結論付けている。

リスク認知

影響評価項目

ばく露