[低周波電磁界は細胞培養条件でのリポ多糖類またはミノサイクリン処理に応答してヒト口腔粘膜ケラチノサイトの生存率に影響力を及ぼす] med./bio.

Low-frequency electromagnetic field influences human oral mucosa keratinocyte viability in response to lipopolysaccharide or minocycline treatment in cell culture conditions.

掲載誌: Biomed Pharmacother 2021; 137: 111340

この研究は、イン・ビトロ条件で培養した口腔粘膜ケラチノサイトの生存率パラメータに対する低周波電磁界ばく露(7 Hz、30 mT)の影響力を単独で、あるいはリポ多糖類(LPS感染性病原体またはミノサイクリン(Mino)抗炎症剤が同時に存在する場合で調べた。ケラチノサイト細胞の初期および後期のアポトーシスおよびネクローシスを、フローサイトメトリで分析した。その結果、低周波電磁界ばく露は、単独でもLPS/Minoとの組合せでも、プログラム細胞死または偶発的細胞死を生じる細胞の割合を変化させた、と著者らは報告している。

ばく露