研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[ストレス要因としての超低周波磁界‐本当に有害か? -過去10年の文献からの洞察] review

Extremely Low-Frequency Magnetic Field as a Stress Factor - Really Detrimental? - Insight into Literature from the Last Decade.

掲載誌: Brain Sci 2021; 11 (2): 174

このレビュー論文は、超低周波(ELF)磁界生物学的影響およびヒトの健康への影響について以下のように概観している。ELF磁界は一般的なストレス応答に特徴的な細胞および生物の反応を惹起することから、ELF磁界ストレス因子の一つと見なすことができる。ELF磁界ばく露は異なる細胞内メカニズムをプラスとマイナスのどちらの側にも切り替える。ELF磁界ストレス関連系、主に神経系ホルモン系、免疫系の形態学的および生理学的変化を誘発し得る。ELF磁界の影響についての大半の研究は、それによる負の影響力、例えばうつ病や不安障害に向かう行動障害に集中しているが、最近10年間では、ELF磁界神経可塑性および神経リハビリテーションに対して刺激作用を示す研究が増加している。ELF磁界ばく露に関連するリスクを低減し、治療手段としての可能性を認識するため、現象をより良く理解し、知識を体系化する必要がある。

ばく露