[欧州指令2013/35/EUに従った電磁界への職業的ばく露と健康調査] basics

Occupational Exposure to Electromagnetic Fields and Health Surveillance According to the European Directive 2013/35/EU.

掲載誌: Int J Environ Res Public Health 2021; 18 (4): 1730

この論文は、電磁界の既知の直接的な生物物理学的影響および間接的な影響の防止を意図した欧州連合(EU)指令2013/35/EUで義務付けられている、電磁界ばく露される労働者の健康調査について以下のように論じている。同指令では、因果関係の証拠が不十分と見なされる長期的な影響については扱っていない。健康調査の目的は電磁界の悪影響の防止または早期検出であるが、具体的な手順について入手可能な証拠はほとんどない。第一の論点は、具体的な実験室での試験または医学調査が、ばく露のモニタリングおよび/または影響の防止に有益であるということが示されていない点である。もう一つの問題は、特にリスクのある労働者(WPR)、即ち、電磁界関連リスクに対する感受性を高める特定の条件にある対象(例:能動的医療機器を装着した、またはその他の条件を有する労働者)の存在である。職業的なばく露限度値(ELV)の範囲内のばく露は通常、電磁界の影響を適切に防護するが、WPRの健康リスクには、より低い[一般公衆に対する]ばく露限度値]を導入することができる。結果として、EU指令に従った電磁界ばく露される労働者の健康調査は、認識されている悪影響の早期検出およびモニタリング、ならびに、適切な防護策の採用のためのWPRの早期同定を目的とすることが望ましい。

ばく露