[がん予防のための機会の喪失:無線周波放射に重点を置いた早期警戒についての歴史的証拠] basics

Lost opportunities for cancer prevention: historical evidence on early warnings with emphasis on radiofrequency radiation.

掲載誌: Rev Environ Health 2021 [in press]

このレビュー論文は、がんリスクに対する早期警戒からの教訓の遅れによる予防のための時間の喪失についての幾つかの歴史的側面を論じている。最近の事例の一つとして、無線周波RF放射発がん作用を取り上げている。この中で、第5世代移動通信(5G)技術についての適切でバイアスのないリスク評価が欠如しているため、悪影響を予測することができない、と著者らは主張している。また、RF放射非熱作用が多数報告されているにもかかわらず、国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)のガイドラインでは熱作用しか考慮していないと批判している。更に、スウェーデンの入院患者登録に基づき、同国では特に20-39歳の年齢グループにおいて、定義されていないタイプの脳腫瘍が増加しており、潜伏期間とRF放射へのより高い脆弱性を考慮すれば、これは子どもおよび若年層におけるワイヤレス電話使用の高い普及率によるものかもしれない、と述べている。

ばく露