[Drosophila melanogaster[キイロショウジョバエ]におけるSMARTアッセイを用いた周波数900 MHz、1800 MHzおよび2100 MHzの電磁放射の遺伝毒性作用の評価] temp.

An Evaluation of the Genotoxic Effects of Electromagnetic Radiation at 900 MHz, 1800 MHz, and 2100 MHz Frequencies with a SMART Assay in Drosophila melanogaster.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2021: 1-10 [in press]

この研究は、900 MHz、1800 MHzおよび2100 MHzの無線周波RF電磁放射遺伝毒性作用を、キイロショウジョウバエ[Drosophila melanogaster]の羽の毛状突起に変異クローンとして生じる遺伝子変化を観察する体細胞突然変異組み換え試験(SMART)で調べた。幼虫に対する2、4、6時間/日のRFばく露の結果、陰性対照群と比較して、1800 MHzで6時間/日のばく露群を除く全ての群で変異クローンの数が統計的に増加した、と著者らは報告している。

ばく露