研究のタイプ: レビュー (工学技術/ドシメトリの研究)

[6 GHz超の無線周波エネルギーへのヒトのばく露:計算ドシメトリ研究のレビュー] review

Human exposure to radiofrequency energy above 6 GHz: review of computational dosimetry studies.

掲載誌: Phys Med Biol 2021; 66 (8)

電磁界からのヒトの防護のための国際的なガイドライン/規格は、特に新たなワイヤレス通信システムが展開されている6 GHz超の周波数について最近改定されている。この周波数以上では、ばく露の尺度として新たな物理量「吸収上皮電力密度」が採用され、そこから実用的な評価のための外部の電磁界強度電力密度の許容レベルが導出されている。加えて、短時間のパルス(特に10秒未満)からの防護のため、新たな物理量である「フルエンス」または吸収エネルギー密度が導入されている。これらの限度値は、電磁的および熱的モデリング研究に基づき、組織温度の過度の上昇を回避するために明示的にデザインされているが、利用可能な場合は実験データによって支持されている。この論文は、このガイドライン/規格の改定に関連した計算モデリング/ドシメトリについての研究をレビューしている。また、実験データとの比較、ならびに解析法も示している。

影響評価項目

ばく露