研究のタイプ: サーベイ

[概日リズムに対する宇宙の低磁気環境の生物学的影響] review

Biological Effects of Space Hypomagnetic Environment on Circadian Rhythm.

掲載誌: Front Physiol 2021; 12: 643943

この論文は、宇宙における低磁気環境の生物学的影響について論じている。地磁気は多くの生物にとって必須の環境条件であるが、宇宙空間や月面、火星での低磁気は地磁気とは大きく異なり、長期間の惑星間航行の際に宇宙飛行士に深刻な問題を生じる。多くの実験研究から、低磁気概日リズムをかく乱し、睡眠障害代謝の変化、ならびに神経疾患に大きく寄与していることがわかっている。このレビュー論文は、磁気生物学寿命学との学際的協力における最近の進展を系統化することで、その根底にある概日時計機構および分子プロセスを詳述し、概日リズムに対する低磁気の健康影響に光を当てている。

影響評価項目

ばく露