[信号発生装置から発せられたシミュレートしたモバイル通信信号(3.5 GHz)はキイロショウジョウバエの睡眠に影響を及ぼす] temp.

Simulated mobile communication frequencies (3.5 GHz) emitted by a signal generator affects the sleep of Drosophila melanogaster.

掲載誌: Environ Pollut 2021; 283: 117087 [in press]

この研究は、モバイル信号をシミュレートした3.5 GHzの高周波RF電力密度0.1、1、10 W/m^2)電磁放射への短期間および長期間のばく露下で、キイロショウジョウバエの雄の親および第1世代(F1)の雄の子の活動をモニタリング装置で測定した。熱ストレス、概日時計および神経伝達物質に関連する遺伝子を、QRT-PCR[定量的リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応]技術で検出した。GABA[ガンマアミノ酪酸]およびグルタミン酸の含量をUPLC-MS[超高速液体クロマトグラフィー質量分析]で検出した。その結果、F1の雄では、短期的なRFばく露は活動レベルを上昇させ、睡眠時間を短縮させたが、長期的なRFばく露は活動レベルを低下させ、睡眠時間を延長させた。長期ばく露下では、熱ショック反応関連のhsp22、hsp26およびhsp70遺伝子発現が増加し、概日時計関連のper、cyc、clk、cryおよびtim遺伝子発現が変化し、GABAおよびグルタミン酸の含量が減少し、合成、輸送および受容体遺伝子発現レベルが変化した。長期的なRFばく露は子のハエの熱ショック反応を強め、概日時計および神経伝達遺伝子発現を変化させ、活動の低下、睡眠時間の延長、睡眠の質の改善につながる、と著者らは結論付けている。

ばく露