[1800 MHzの高周波電磁界はEPHA5シグナル伝達を阻害することで神経突起の伸長を損なう] med./bio.

1800 MHz Radiofrequency Electromagnetic Field Impairs Neurite Outgrowth Through Inhibiting EPHA5 Signaling.

掲載誌: Front Cell Dev Biol 2021; 9: 657623

この研究は、ハイスループットRNAシーケンシング技術に基づき、1800 MHzの高周波RF電磁界ばく露神経分化の際に神経突起の成長に関連した転写産物に対して有意な影響力を及ぼすことを明らかにしている。RF電磁界ばく露神経突起の全長を有意に短縮し、神経幹細胞由来ニューロンおよびレチノイン酸誘導Neuro-2A細胞における分岐点の数を減少させた。神経突起の伸長に必要なEph受容体5(EPHA5)の発現は、RF電磁界ばく露後に顕著に阻害された。EPHA5シグナル伝達を強化すると、神経突起の伸長がRF電磁界抑制作用から回復した。中でも、神経突起の伸長に対するRF電磁界抑制作用において、cAMP応答要素結合タンパク質(CREB)およびRhoAがEPHA5シグナル伝達の重要な下流要素であることが同定された。この知見は、RF電磁界が脳の発達に及ぼす影響力を理解するための新たな手がかりを提示するものである、と著者らは結論付けている。

ばく露