研究のタイプ: レビュー (医学/生物学の研究)

[神経イオンチャネルに対する電磁界の影響:系統的レビュー] review

Effects of electromagnetic fields on neuronal ion channels: a systematic review.

掲載誌: Ann N Y Acad Sci 2021 [in press]

化学および生物学の多くの側面には電磁界の相互作用が介在する。中枢神経系(CNS)は特に電磁界刺激に敏感である。過去20年間の研究で、ニューロン電気的特性に対する各種の電磁界の直接的な影響、特に、電位依存性イオンチャネル(VGC)の役割に焦点を絞って探求されてきた。この研究は、ニューロンイオンチャネルに対する電磁界の影響に関する過去20年間に発表された証拠についての、PRISMガイドラインに従った系統的レビューである。事前に決定した包含基準および除外基準に則り、3つのオンラインデータベースを検索して22報の論文をレビュー対象に含めた。その結果、電位依存性カルシウムチャネルに帰結されるカルシウム恒常性の変化が、最も一般的に報告された電磁界ばく露の結果であることがわかった。ニューロンの全体像に対する電磁界の影響は多様で、周波数やばく露時間等のパラメータ、ならびにVGCの発現等の照射された組織に固有の特性に大きく依存するようであった。この論文の著者らは、電磁界によってニューロンイオンチャネルがどのように影響され、ゲート開閉動態、イオンコンダクタンス、膜での濃度、遺伝子およびタンパク質発現等の多くのレベルで異なって調節されるかを、系統的に説明している。また、イオンチャネルがCNSに対する電磁界関連の影響の主要なトランスデューサー(変換器)であるとしている。

影響評価項目

ばく露