研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[ミリ波およびマイクロ波周波数放射は深部浸透作用を生じる:生物学および物理学] review

Millimeter (MM) wave and microwave frequency radiation produce deeply penetrating effects: the biology and the physics

掲載誌: Rev Environ Health 2021 [in press]

このレビュー論文は、ミリ波およびマイクロ波浸透作用を理解するのに必要とされる以下の論点に焦点を当てている:1. 電子的に発生させた電磁界はコヒーレントで、自然のコヒーレントでない電磁界よりも高い電磁力を生じる。2. マクスウェル方程式によって予測される、真空中または空気のような透磁率の高い媒体中の電磁界に見られる電界磁界の一定の関係は、その他の材質中では破綻する。特にミリ波電界は、生物学的な水相の高い誘電率のため、身体の外側1 mmにほぼ完全に吸収される。但し、磁界は非常に強く浸透する。3. 時間変化する磁界は強い浸透作用を生じる上で中心的な役割を担っている。この作用の主なメカニズムは、電磁界による電位依存性カルシウムチャネル(VGCC)の活性化で、これは原形質膜脱分極によってではなく、電位センサーに電磁気力が作用することによる。2つの明確な、直接的および間接的なメカニズムは、物理学と整合し、物理学から予測される。時間変化するコヒーレントな磁界は、身体深部の水槽に溶解したイオンに力を及ぼし、VGCC電位センサーを活性化するコヒーレントな電界再生産する。電磁界の科学文献ではほとんど認識されていない3つの非常に重要な知見がある:電子的に発生させた電磁界コヒーレンス;強い浸透作用を生じる上での時間変化する磁界の重要な役割;非常に短時間の高いレベルの時間変化する電界および磁界の増加における、変調された、および純粋な電磁界パルスの重要な役割、である。安全ガイドラインは、一般的な安全性のため、コヒーレントな電界および磁界ナノ秒の時間スケールでの変化を最大レベル未満に抑えなければならない。これらの知見は、第5世代(5G)に関連して重要な意味合いを持つ、と著者は結論付けている。

ばく露

この論文に対するコメント