[第5世代(5G)ワイヤレス通信とがんリスクについてのオランダ保健評議会の評価] comment

Health Council of the Netherlands and evaluation of the fifth generation, 5G, for wireless communication and cancer risks.

掲載誌: World J Clin Oncol 2021; 12 (6): 393-403

この論文の著者は、オランダ保健評議会(HCN)が2020年9月に発表した報告書「第5世代移動通信(5G)と健康」について以下のように論評している。この報告書は世界保健機関WHO)の環境保健クライテリア文書の草案、およびスウェーデン放射線安全庁(SSM)の報告書に主に基づいているが、これらは公平ではないと批判されているものである。国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)のガイドラインが推奨されているが、これは健康ハザードからの防護には不十分とみなされている。HCNの[報告書を作成した]専門家委員会は、健康リスクが研究されるまでは26 GHz帯を使用しないよう推奨する一方、より低い周波数についてはICNIRPガイドラインを推奨している。より低い周波数を5Gに使用するのを止める理由はないとの結論は、がんリスクについての現在の証拠から正当化されない。ワイヤレス通信への5Gの実装に対するモラトリアム[一時凍結]が強く求められる、と著者は結論付けている。

ばく露

コメントがつけられた論文