[ラット海馬のシナプス可塑性に対する5.8 GHzマイクロ波の影響] med./bio.

Effects of 5.8 GHz microwave on hippocampal synaptic plasticity of rats.

掲載誌: Int J Environ Health Res 2021: 1-13 [in press]

この研究は、ラット学習および記憶能力に対する5.8 GHzマイクロ波ばく露の影響を調べた。モリス水迷路、新規物体認識、恐怖条件付け試験を用いて、空間記憶および非空間記憶の能力を評価した。海馬の形態、血清中の脳損傷因子のレベル、および海馬ニューロンミトコンドリア膜電位を調べ、海馬ニューロン損傷を評価した。樹状突起棘の密度、シナプス超微細構造、PSD95[シナプス後肥厚部[PSD]の足場タンパク質の一つ]、シナプトフィジン、p-CREB[リン酸化サイクリックアデノシン一リン酸AMP]応答配列結合タンパク質]、CREB[サイクリックAMP応答配列結合タンパク質]のレベルを検出し、海馬シナプス可塑性を評価した。その結果、擬似ばく露群と比較して、2時間または4時間ばく露群には、モリス水迷路、新規物体認識、恐怖条件付け試験での成績に有意差はなかった。海馬の形態、脳損傷因子の血清レベル、ミトコンドリアJC-1モノマーの含量にも変化は認められなかった。樹状突起棘の密度、シナプス超微細構造、PSD95のレベル、スマプトフィジン、p-CREBおよびCREBにも有意差は認められなかった。この実験条件下での5.8 GHzマイクロ波ばく露は、ラット海馬シナプス可塑性に影響を及ぼさなかった、と著者らは結論付けている。

ばく露