[イン・ビトロでのミリ波加熱:熱ショック細胞応答と相関する局所マイクロスケール温度測定] med./bio.

Millimeter-wave Heating in vitro: Local Microscale Temperature Measurements Correlated to Heat Shock Cellular Response.

掲載誌: IEEE Trans Biomed Eng 2021 [in press]

熱に対する細胞の感受性は細胞株によって大きく異なる。この研究は、表在性皮膚がんの温熱治療の最適化についてのより良い洞察を得るため、58.4 GHzの連続的ミリ波に対するA375メラノーマ細胞株の感受性を調べた。熱ショックタンパク質27(HSP27)のリン酸化を約30 mm^2の範囲でマッピングし、ミリ波源の導波管開口部からの距離の関数として、熱誘導細胞ストレスのばらつきを可視化した。マルチフィジックス計算アプローチを適用し、電磁界熱の分布、ならびに、これに対応する比吸収率SAR)および温度上昇を得た。誘導される温度上昇を、マイクロ熱電対を用いて実験的に測定した。熱電対のリード線と入射電磁界とのカップリングを特徴付け、熱電対の最適な配置を同定した。その結果、温度41℃でHSP27のリン酸化、ならびに熱投与量の関数としての温度上昇のレベルが得られた。HSP27は、ミリ波ばく露下でのA375メラノーマ細胞の細胞ストレスの各種マーカーを代表であり、熱的ストレスの分布についての定量的および空間的情報を示すものである、と著者らは結論付けている。

ばく露