[セイヨウミツバチの近傍界高周波電磁界ばく露] tech./dosim.

Near Field Radio-Frequency Electromagnetic Field Exposure of a Western Honey Bee.

掲載誌: IEEE Trans Antennas Propag 2021 [in press]

ワイヤレスネットワークにおける、より短い波長を用いる第5世代移動通信(5G)への進化は、セイヨウミツバチの高周波RF電磁界吸収を増加させることが示唆されている。近傍に虫がいる場合にアンテナ放射性能が安定的かどうかは不明である。この研究は、働きバチの吸収電力、ならびにアンテナ放射性能に対するハチの存在の影響力を、6-240 GHzの5Gネットワークについて調べるため、マイクロCTスキャンで取得したハチのモデルを用いた有限差分時間領域法(FDTD)で数値シミュレーションを実施した。その結果、近傍界では、6-240GHzからの吸収電力は53倍増加し得ることが示された。これは先行研究で報告されている遠方界での増加よりも7倍高い。更に、シミュレーションでは、ハチが近傍界にいる場合、アンテナ放射効率が最大で40%低下し得ることが示された。利得パターンはハチとアンテナとの離隔距離に依存し、その依存度は周波数が高いほど強いことが示された、と著者らは報告している。

ばく露