[雄マウスの脳機能に対するLバンド高出力マイクロ波への長期ばく露の影響] med./bio.

Effects of Long-Term Exposure to L-Band High-Power Microwave on the Brain Function of Male Mice.

掲載誌: Biomed Res Int 2021; 2021: 2237370

この研究は、Lバンド[0.5-1.5 GHz帯]の高出力マイクロ波(L-HPM)へ連続的な長期ばく露が脳機能に及ぼす影響、ならびに関連するメカニズムを調べた。がん研究所(ICR)系統のマウス48匹を、電力密度が異なる(0.5、1.0、1.5 W/m^2)L-HPMにばく露し、ばく露後の異なる期間で脳機能を調べた。脳の形態をヘマトキシリンエオシン染色およびTUNEL染色で調べた。更に、潜在的なメカニズムを評価するため、コリン作動性マーカー、酸化ストレスマーカー、c-fos発現を調べた。その結果、1.5 W/m^2でのL-HPMばく露はマウスの海馬(CA1およびCA3領域)ならびに大脳皮質(主な体性感覚皮質)に細胞のアポトーシスコリン作動性機能不全、酸化損傷を含む傷害を生じ得ることが示された。加えて、これらの悪影響は電力密度およびばく露時間に密接に関連していたことから、長期間の高い電力密度でのばく露神経系に対して有害かもしれない、と著者らは結論付けている。

ばく露