[電離放射線および高周波電磁界:特定のリスクの更なる明確化] info

Ionizing radiation and radiofrequency electromagnetic fields: Further clarification of particular risks

掲載誌: Wild CP, Weiderpass E, Steward BW (eds.): World Cancer Report: Cancer Research for Cancer Prevention. International Agency for Research on Cancer (IARC), Lyon, France, 2020: Chapter 2.2 p.84-91, ISBN 978-92-832-0447-3

この報告書は、高周波電磁界リスクについて以下のように論じている。
大半の疫学研究は、携帯電話使用と、高周波電磁界へのばく露が最も高い身体の部位である頭部に生じる腫瘍との関連を支持していない。正の関連[ばく露の増加に伴うがんの増加]を報告している研究では、過去に遡ったばく露評価における想起バイアス等の各種のバイアスを排除することが困難である。

ばく露