研究のタイプ: 疫学研究

[韓国における携帯電話使用と脳のがん発生率の時間的傾向] epidem.

Mobile Phone Use and Time Trend of Brain Cancer Incidence Rate in Korea.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2021; 42 (8): 629-648

この研究は、韓国における携帯電話ネットワークの世代ごとの加入者数と、脳のがん発生率傾向を調べた。韓国情報技術統計(1984-2017年)および韓国中央がん登録(1999-2017年)からデータを取得した。Joinpoint回帰分析を用いて平均年間変化率を推定した。脳のがん症例29,721人を評価し、年齢標準化発生率(ASR)は10万人あたり2.89人であった。神経膠腫および神経膠芽腫の年間ASRは、男性でそれぞれ2.6%および3.9%、女性でそれぞれ3.0%および3.8%と、有意な上昇が認められた。前頭葉に関するASRが最も高かった。グレードが不特定の神経膠腫のASRは年間7.8%増加した。形態および組織学が不特定の神経膠腫のASRは低下した。神経膠腫神経膠芽腫、前頭、側頭、ならびに高グレードの神経膠腫は、60歳以上の年齢層で増加した。韓国における携帯電話加入者数と脳のがん発生率との関連は認められなかった、と著者らは報告している。

ばく露